JVC ケンウッドのサービスに100点満点

カメラの液晶のヒンジが壊れロックしなくなった。
JVCのカメラではたまに生じることらしい。

早速、JVCに連絡すると、送ってくれればすぐに直しますとのこと。
サービスに直送すると中二日で戻ってきた。

さずがJVC!
この対応は神だ!神すぎる。

うちにはパナソニックの機材ばかりだけど、
次に購入する機会があったらJVCも購入対象に加えますよ!

ScopeBox4をATEM Mini Proで使う

ScopeBoxがバージョン4になってUSBデバイスに対応した。
USBデバイスに対応したということは、ATEM Mini Proでも使えるんじゃないかと試してみた。

Add New Live Sourceから追加すれば、ウェーブフォームやベクトルスコープが表示される。

ATEM Mini Proを使う現場って身軽なシステムで運用したいんだけど、複数カメラの色合わせぐらいはちゃんとやりたいというニーズにぴったりです。

ScopeBoxはマック版しかないし、バージョン4から少し高くなってしまったのが痛いけど、
ライブ配信の場合は、色味が違うけど後で編集で直せばいいやという逃げ道がないですからね。

ちなみに、アマゾンなんかで売ってる中華の格安USBキャプチャデバイスから入力してみたら、カメラのセットアップが 0 IREのはずなのに、 7.5 IREになってしまっていた。

安いデバイスなので仕方ないのだろう。

CX350でRTSPストリーミング

システム > ファイルフォーマット > MOV

システム > 記録フォーマット > 1080-59.94/422LongGOP 50M

カメラ本体にLANをさす

ネットワーク > デバイス選択 > LAN

ネットワーク > LANプロパティ > IPv4 > DHCP > クライアント

ここでカメラのIPアドレスを取得し。IPアドレスをメモする
この場合は「192.168.1.32」

ネットワーク > ネットワーク機能 > ストリーミング

ネットワーク > ストリーミング > ストリーミングフォーマット > 1920×1080-30fps 14M

ネットワーク > ストリーミング > 開始トリガー > レシーバー

VLCでRTSPストリーミングを開く

アプリを起動するパソコンは有線LAN接続に限る。

コマンド+N

rtsp://192.168.1.32/stream

OBSでRTSPストリーミングを開く

アプリを起動するパソコンは有線LAN接続に限る。

rtsp://192.168.1.32/stream