iPhone用カメラアプリ「Mavis」購入

iPhoneカメラが進化して現場でも使える可能性が高まってきました。
しかし、フレームレートの変更が、思うようにできなかったので、なかなか使えませんでした。

しかし、このMavisは無料で試用でき、2,200円を支払えば機能をフルに使えます。当然、フレームレートの指定やデータレートの変更も可能です。
これさえあれば互換性の心配なし!

3年後くらいにはiPhoneで取材する現場も増えそうですね。

MAVISは、あなたのiPhone内にプロフェショナルな映像制作ツールを詰め込み、手動撮影を全面的に実現させる様デザインされました。MAVISではフォーカスピーキング、ウェーブスコープモニター、ベクタースコープ、擬色、ゼブラなどのプロ仕様のツールを提供します。また、オーディオコントロール、オーディオメーター、解像度、フレームレートの自由設定などレコーディングフォーマットも多様にそろえています。さらに使いやすさを追求したインターフェイスによって撮影中に適応な手動操作が全面的に出来るようになります。

横浜のお寺でビデオと音響

横浜のお寺で法要の収録と音響PAがあり、HE-70の他にFZH1を使用しました。


FZH1はズームアップするとFドロップしてしまいますが、広角で使う限りではその画質はHE-70よりノイズが少なくとてもきれいです。
広角も広く、水平のガイドも出るので仕込みカメラに最適でした。

AC90も健在ですが、HC-X2000が気になるな。

プロジェクター投影

200型スクリーンに投影業務でした。
これでも十分明るいのですが、見慣れるともっと明るいプロジェクターが欲しくなります。投影距離も最近のプロジェクターは短い物が多いしね。

横浜のお寺にて

今回の現場で初めてAG-CX350を使用しました。暗所に強く操作性も抜群、バッテリーの持ちも十分でした。他に3台のカメラを使用しての収録です。

映像はワイヤレス伝送

3台のモニタに映像を送出しました。