トップ > チュートリアル >このページ

モーショントラッキング

スタビライズ

  1. ビヘイビア/モーショントラッキング/スタビライスにてビヘイビアを追加します。
  2. ビヘイビアのインスペクタを開きます。
  3. トラックを追加 「スタビライズ」ビヘイビアを追加した後、トラック横の追加ボタンを押すと中央に洗われる赤い丸印がトラックです。このトラックをコントラストが高い場所へ配置しトラッキングを行います。トラッキングのエリアの変更は追加したトラックの三角印を開いて「トラックサイズ」で変更できます。途中で消失してしまうエリアはトラックに向いていません。
  4. さらにトラックを追加します。簡単な揺れの場合は一点追加でいいのですが、スケールや回転がある場合は二点目の追加が必要です。こちらも、途中で消失してしまうエリアはトラックに向いていません。「スタビライズ」では2点のトラックを追加できます。
  5. 「分析」ボタンを押します。このとき再生ヘッドが先頭にあることを確認してください。
  6. 「分析」終わったら品質、方法、枠線、方向、調整などのパラメータを操作して、一番よいと思われる設定に変更してください。画面表示を50パーセントにすると枠線の動きがよくわかります。
  7. ツール右上の「HUD」を開くと変換 ( Transition Smooth )、回転 ( Rotation Smooth)、調整 ( Scale Smooth ) の微調整ができます。
  8. 動きが激しい場合トラックが自動で追随できない場合があります。そのときは先のフレームを調整して、先読みするフレームを設定します。
  9. スケールに対するスタビライズを行いたい場合は「調整」の「調整」をONに変更します。
  10. トラックのずれは手動でも直せます。コマ送りしながらトラックのプレビューでドラックします。トラックの選択はインスペクタの「トラック1」や「トラック2」をマウスで選択します。タイムラインにある「キーフレームエディタ」を開くと打たれたキーフレームをみることができます。各キーフレームの信頼度も表示されています。

調整項目の説明

  • 動き

    分析:分析を開始

    逆方向:現在の再生ヘッドからクリップの先頭までの分析を行う


  • 品質

    高速:

    高品質:


  • 領域をトラック

    赤い枠線の内部のみトラックする


  • 方法

    スムーズ:カメラの動きをスムースにする

    スタビライズ:カメラの振動を取り除く

    変換:Transition Smooth

    回転:Rotation Smooth

    調整:Scale Smooth

    *変換、回転、調整はHUDもしくはビヘイビアインスペクタ内の下部「トラック1」「トラック2」の選択で表示されます。


  • 枠線(Borders)

    ズーム:画面サイズがズームされる

    標準:画面サイズを変更しない


  • 方向

    水平と垂直:水平垂直方向の揺れに適用

    水平:水平方向の揺れに適用

    垂直:垂直方向の揺れに適用


  • 調整(Adjust)

    位置(Position):分析された位置データクリップに適用

    調整(Scale):分析されたスケールデータ(拡大縮小)クリップに適用

    回転(Rotation):分析された回転データクリップに適用

    ※最もスムーズな結果を得るためには位置調整回転の3つをオンにします。


  • トラックのプレビュー

    トラックが対象物に追随している様子がわかる。ずれがある場合は画像をドラックして修正可能。


  • トラック(Tracker)

    追加:画面上に赤いTrackerが追加される。微調整は「トラックのプレビュー」ウインドウで行う。

    デフォルトでは画面中央。回転の調整にはトラックを2個配置して、トラック1を位置のアンカーとして、トラック2を回転の調整として使います。


  • トラックをオフセット

    トラックの参照ポイントが画面から一時的に消えてしまう場合に使用。


  • 自動ズーム

    キャンバス内でトラックを動かす場合に出てくるウインドウのズーム倍率

    なし:キャンバス内でトラックを動かしても拡大表示されません

    2X:2倍の拡大表示

    4X:4倍の拡大表示

    X:8倍の拡大表示


  • 自動ズームモード

    キャンバス内でトラックを動かす場合に出てくるウインドウの表示切り替え。

    通常:通常の表示(カラー)

    コントラスト:コントラスト検出によるトラックパターンを表示

    エッジ:エッジ検出によるトラックパターンを表示

    ※自動ズームなしの場合は無効


  • 先のフレームをみる

    早い速度で動くオブジェクトに使用します。トラックが先読みするフレーム数を指定する。

通常作業での設定

通常作業で簡単に揺れを防止したい場合は次の設定でOK



  1. スタビライズを適用
  2. トラックを追加して赤い丸印をコントラストの強いところへ移動
  3. 設定を以下のように変更し分析ボタンをおす。

    高速

    スムーズ

    ズーム

    水平と垂直

    位置

トラッキングの種類

  • 1ポイント(位置)トラッキング
  • 単一の参照パターン(小さいピクセル領域)をトラッキングする。


  • 2ポイント(位置-position、調整-scale、回転-rotation)トラッキング
  • 2つの参照パターンをトラッキングする。2点間の関係を利用して位置、調整、回転のデータを記録します。


  • 4ポイント(コーナー固定)トラッキング
  • 4コーナー固定とも言う。4つの参照パターンを記録して、ピクチャフレームやテレビモニターにほかの画像を挿入したりするときに使います。


  • 複数ポイントトラッキング
  • トラックは「動きを分析」ビヘイビアや「スタビライズ」ビヘイビアに手動で追加できます。「ポイントをトラック」ビヘイビアをシェイプやマスクに適用するとそれぞれのシェイプのコントロールポイントにトラックが割り当てられます。

スタビライズ

クリップ内の水平、垂直方向の不要な動きを取り除きます。

  • クリップのスムージングカメラの一般的な動きは保持したまま不要な揺れを取り除く
  • クリップのロック:対象物のロック

スタビライズ解除

トラッキングは実行されません。別のトラッキングビヘイビアによって追加された動きをクリップやオブジェクトに適用できます。


マッチムーブ

クリップ内のあるポイントにQTムービーやフッテージを追随させる場合に使います。ほぼすべてのオブジェクトタイプに適用できます。


テレビ画面を写した「テレビ画面」に「はめ込み動画」を貼り付ける場合

  1. 「はめ込み動画」を読み込み「マッチムーブ」ビヘイビアを適用
  2. テレビ画面を写した「テレビ画面」を読み込む
  3. 「マッチムーブ」ビヘイビア設定でソースに「テレビ画面」をドラッグする
  4. 「テレビ画面」をレイヤーの最下位に移動する、オブジェクト/最背面へ移動
  5. 「マッチムーブ」のパラメーターのタイプで四隅の角を選ぶ
  6. テレビ画面の四隅に赤い印のTraxkerを移動する。赤丸を動かすと下にテレビが隠れているのがわかります。微調整はトラックのプレビューで行う
  7. 再生ヘッドが先頭にある状態で分析ボタンおす
  8. 完成品
  9. カメラの位置が移動してもテレビ画面の四隅にちゃんとはめ込まれています。

    動画 → matchmove.m4v

    ちょっと合成っぽさが残っていますね。これをしっかり仕上げるには下の「シェイプ/ポイントをトラック 」作業を加えます。


動きを分析

クリップからトラッキング情報を生成します。トラッキングデータはモーショントラッキングの「マッチムーブ」、パラメータの「トラック」の各ビヘイビアを使用する際に、QTムービーやイメージシーケンスに適用できます。


シェイプ/ポイントをトラック

シェイプまたはマスク(ペイントストロークを含む)のコントロールポイントをソースクリップの参照特性にトラッキングする。クリップ内の車の周りにマスクを作り背景と分離したまま、移動する車にマスクのコントロールポイントをトラッキングできる。


マスクの形もムービー内の変化に応じて変形可能です。


上の作例、画像はめ込みだけだとテレビ画面の映り込みがなく不自然です。

これを解決するためには

  1. この動画から画面の部分のみ切り出して薄く重ねます。
  2. テレビ画面の動画をモーションに読み込みます。
  3. ベジェマスクツール選択して
  4. 画面の四隅を描きます。
  5. 4っ目のポイントでこの様になります。
  6. 「ポイントをトラック」ビヘイビアを追加します。
  7. 分析ボタンを押します。
  8. まあ。こんな感じで切り出したマスクを前出のマッチムーブプロジェクトと組み合わせて、いろいろと微調整を加えます。
  9. こうして完成した動画が次のようになります。

    動画 → matchmove2.m4v

    素材はテレビ画面 (106.1MB) と (150.7MB) です。

    右クリックでダウンロードしてください。

パラメータ/トラック

位置パラメータで使用する。

フィルタのパラメータ(ブラー(円)フィルタの「中心」パラメータなど)をクリップの参照特性にトラッキングすることができる。

任意のフィルタの位置パラメータに追加すると記録されたデータが適用される。

別のトラッキングデータを参照できる。

  1. プロジェクトに「テレビ画面動画」を読み込みます。
  2. フィルタ/ブラー可変を追加します。
  3. ビヘイビア/パラメータ/トラックを追加します。
  4. 作業の都合上ブラーをオフにします。
  5. レイヤーの「テレビ画面動画」をトラックビヘイビアのソースにドラッグします。
  6. キャンバス上の印をテレビ画面中央ロゴに移動します。
  7. 再生ヘッドが先頭にある事を確認して、分析ボタンを押します。
  8. レイヤーのブラーを有効にします。
  9. 「トラック」ビヘイビアの最下部にある適用からブラー可変/中心/すべてを選びます。
  10. このままでは全体にブラーがかかっている状態なので、中心をロゴに移動して、ブラーのパラメータを調整します。
  11. 再生するとロゴの近くのブラーがトラッキングしたパラメータに追随しているのが分かります。

    完成品動画 ファイル名:blur.m4v ファイルサイズ:2.5MB

Copyright © katsuragi-studio.com All Rights Reserved.