トップ > チュートリアル >このページ

スペシャルサンクス


動画が見れない人はこちらへ → YouTubeで動画を再生

プロジェクトファイルはこちら

作り方

  1. プロジェクトの継続時間を「450」とします。

  2. 画面中央に「Special Thanks」の文字を配置します。

  3. テキストのフォーマット

  4. ファミリー:AppleCancery

  5. テキストのスタイル

  6. フェース
    アウトライン
    グロー
    半径400

  7. 文字にフィルタ/グロー/眩惑を適用します。時間の経過とともに変化する数値があります。数値の変更フレームにはキーフレームを打ち込みます。

  8. フレーム1372383398
    適応量3030600.5
    角度0360
    スパイク数6

  9. 光の状態がこのくらいになるように「しきい値」を調整します。

  10. 円ツールで円を文字の中央に小さく(文字の太さ位に)描き、塗りを黄色に変更します。画面を拡大すると作業がしやすいです。

  11. 描いた黄色い円に眩惑フィルタを適用します。数値の変更フレームにはキーフレームを打ち込みます。

  12. フレーム1361381
    適応量60
    しきい値656547
    スパイク数5

  13. 星の大きさは黄色い円のシェイプの情報/変形/調整でちょうどいい大きさに変えてください。

  14. 新規カメラを追加します。

  15. ビヘイビア/カメラ/スイープを適用します。スイープのパラメータを変更します。

  16. 開始-360
    最後0
    速度一定
    座標軸周回Y

  17. スイープビヘイビアを選んで情報/タイミングからアウトを「360」に設定します。こうする事でカメラが360フレームで回転しなくなります。

  18. 描いた黄色い円にパーティクルを適用し、エミッタのパラメータを変更します。3Dに「✓」を入れてその他のパラメータを変更します。数値の変更フレームにはキーフレームを打ち込みます。

  19. フレーム1360
    発生量19
    アングルのランダム度合い0360

  20. 星の大きさは黄色い円のシェイプの情報/変形/調整でちょうどいい大きさに変えてください。

  21. エミッタが391フレームで終わるようにします。情報/タイミングのイン「1」アウト「391」

  22. エミッタにビヘイビア/シュミレーション/引力を追加します。

  23. サブオブジェクトに適用
    加速度10

    エミッタにビヘイビア/基本モーション/フェードイン/アウトを追加します。最初は0フレームで最後は20フレームとします。

  24. カメラのZ軸の位置を変更し文字がズームアップしていくようにします。レイヤーのカメラを選択して情報/変形/位置のパラメータをキーフレームを打ち込んで変更します。

  25. フレーム361381
    Z軸0-500

Copyright © katsuragi-studio.com All Rights Reserved.