トップ > チュートリアル >このページ

3D空間に写真を配置


動画が見れない人はこちらへ → YouTubeで動画を再生

プロジェクトファイルはこちら

作り方

  1. プロジェクトの設定です。
  2. レイヤーに三枚の写真を読み込みます。上から「写真01」「写真02」「写真03」と呼ぶことにします。
  3. 新規カメラを追加します。
  4. ダイアログに従い3Dに切り替えます。
  5. キャンバスを四分割表示に切換えます。
  6. この四画面は以下のような配置になっています。
  7. アクティブカメラ

  8. 四画面をそれぞれアクティブにして(アクティブな状態には黄枠が付きます)範囲内におさめるを実行してすべてのコンテンツが見えるようにします。
  9. レイヤーの一番上の「写真01」を選択します。
  10. キャンバスを上から見た状態です。
  11. 青い矢印を選択して、下方向にドラッグします。
  12. レイヤー上から二番目の「写真02」を選び、
  13. キャンバスで青矢印をつかんで下へドラッグします。
  14. ドリーカメラを上方向へドラックすると全体図が見えてきます。
  15. カメラの前に写真が三枚並んでいる状態が見えます。
  16. レイヤー上で「写真02」を選択します。
  17. キャンバス上の赤い矢印を選択して右方向にドラッグします。
  18. 「写真01」と少し重なるくらい移動します。
  19. レイヤー上で「写真03」を選択します。
  20. さっきと同様に赤い矢印を選択して右方向に移動します。
  21. レイヤーでカメラを選択します。
  22. 記録ボタンのボタンをおして、
  23. 再生ヘッドの位置を181フレームまで移動し、
  24. 赤と青の矢印を使い「写真03」の前までカメラを動かします。
  25. 録画ボタンを解除して、
  26. 画面表示を一画面のアクティブカメラに変更します。
  27. レンダリング/フィールドの深度にチェックを入れます。
  28. カメラ/フィールドの深度から遠焦点の数値を変更して写真に焦点が合うように調整します。
  29. 黄色い枠がのびて写真を囲い込むようにします。

配置のコツ

黄色い枠内に写真を配置するのがコツです。被写界深度が狭いとあまりボケません。




Copyright © katsuragi-studio.com All Rights Reserved.