トップ > チュートリアル >このページ

ガラス越し効果


動画が見れない人はこちらへ → YouTubeで動画を再生

プロジェクトファイルはこちら

作り方

  1. 写真を読み込みます。
  2. 写真を57%に拡大して左右をあわせます。
  3. 矩形ツールでガラスになるシェイプを描きます。
  4. シェイプを中央に移動します。
  5. レイヤー上の写真を右クリックしてイメージマスクを追加します。
  6. マスクのマスクソースに矩形をドラックします。
  7. レイヤーのグループを選択してフィルタ/ディストーション/屈折を適用します。
  8. 屈折のパラメータを調整します。
  9. グループ名を「ガラス越し」に変更します。
  10. レイヤーの矩形を選択しビヘイビア/パラメータ/反復を適用します。
  11. 反復パラメータの適用を対象/情報/変形/位置/Xに変更します。
  12. 振幅を840pxに変更します。
  13. 繰り返しのつながりがきれいにつながるように設定を変更します。
  14. 再生ヘッドを終点である300フレームに移動し、反復ビヘイビアの速度を変更して矩形シェイプが中央に来る位置に数値を変更します。
  15. 新規グループレイヤーを作成し、最下位に移動、写真を再度読み込み、写真サイズを57%に変更します。
  16. 再生してみると効果が薄いのでもう少し強調できるように設定を変更していきます。
  17. 「ガラス越し」グループレイヤーの情報にあるドロップシャドウをONにし、ディスタンスを20に設定します。
  18. 「ブレンドモード」をスクリーンに変更します。
  19. 「ガラス越し」グループレイヤーにフィルタ/ディストーション/バンプマップを追加します。
  20. マップイメージに写真をドラックして「上下に縮小/拡大」の値を「-0.2」に設定します。
Copyright © katsuragi-studio.com All Rights Reserved.