音響設備のメンテナンス

マイクの入りが悪いと言うことで訪問すると、実はアンプが不良で音が出ていない状態でした。接点活性剤で清掃するとアンプの片チャンネルは復活したので、応急処置としてスピーカーをパラ接続しました。

音響設備メンテナンス

2本のマイクが伝送系に不良があり使えないとの連絡を頂き伺いました。調べたところ壁とコンソール部分でケーブルの断線があり交換しないとだめな状態でした。
複数のケーブルを覆うネットが邪魔をしてコネクタ付きでは通せない状態だったので、バラのケーブルを通しコネクタをはんだ付けしました。