写真の修正

集合写真を撮影していると、顔が前の人に隠れてしまっていたり、目をつぶってしまっていることがあったりします。
通常はこのような顔の修正を行うわけですが、今回は本堂にかかる紫幕が強い風のためにおかしな形になってしまっているのを修正いたしました。

SketchUpでモデリング

久しぶりにGoogle Sketch Upでモデリングを行いました。

3D Warehouseのデータも増えて使いやすくなりました。

色々と使いみちがありそうです。

こんな風に日付と時間を指定すると、影の向きをシュミレートしてくれるんですよ。

Windws10にWindowsXPをインストール

取引先の会社にお邪魔してWindows10にWindowsXPをインストールしています。
WindowsXPでないと動かない周辺機器があるのに、XPを搭載しているマシンが老朽化して不安定との依頼を受けて、バーチャル環境を構築してXPをインストールすることとなりました。
結果は良好で周辺機器の作動も問題なく動きました。
最近はこういったパソコン関係の保守点検のお仕事もご用命頂いています。

DMC-FZH1の導入

4kカメラDMC-FZH1を導入してから3ヶ月がたちました。

利点
動画撮影時25mmスタートの広角が使いやすい
同じバッテリーでもDMC-GH2での使用時より長持ち
FHD撮影時、DMC-GH2に比べ画質に精細感があり色の純度が高く感じる
DMC-GH2では不可能であった電動ズームが使える
液晶が見やすくフォーカスの山をつかみやすい
自動で水平を合せてくれる
NDが付いている

欠点
少々暗い(9ルクス)ので暗いところではライトが必須
編集時に色調整が必要
写真の画質が悪い

巷ではDC-GH5の話題でもちきりですね。私も心を揺さぶられておりますが、DC-GH5では広角から望遠まで対応できる電動ズームがないため、弊社のような撮影現場では寄れない引けないなどの問題が生じてしまいます。
そう考えるとFZH1はなかなか痒い所に手が届くカメラではないかと思います。我々は様々な撮影に対応すべくDMC-FZH1を3台を使い撮影現場に臨みます。

お寺でビデオ撮影中継・写真撮影・音響PA

横浜の寺院にて

スタッフ構成
ビデオカメラマン2名
写真カメラマン2名
音響オペレータ1名

ビデオカメラ
GH2×1
FZH1×2
G10×1
G20×1
HE60×3

モニターテレビ
50型×3
30型×1

スチルカメラ
α7S2×1
D750×1
D800×1

音響
スピーカー×7
ワイヤレスマイク×4

今回は後方の高い位置からの撮影が必要でしたのでクレーンも使用しました。

音響映像ベースの様子です。
ブラックマジックデザインの波形モニター、ベクトルスコープを導入してから、信号の管理がやりやすくなりました。

ご注文はカツラギスタジオへ!